読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

交通安全・・事故を・・貰わないために

以前、事故を起こさないために大事な事として

周りとの調和

というのは書きましたが、もうひとつ

事故を貰わない、そのために・・

例えば・・
前方の信号が赤に変わり止まるとき

後を注意しつつ早めにブレーキを掛ける

何故なのか・・

もし!後続車が一瞬気を抜いていたら!

それでも早めにブレーキランプが点いていれば相手も止まれます

しかし自分が急ブレーキ気味だったら?

間に合わないことも考えられます・・

強い減速G(チカラ)が掛からないので
同乗者や荷物にも優しい運転にもなります

要は・・

自分が止まれればそれで良し、とするのではなく

後続車にも配慮できれば、危険度が下がるということ

同じようにウィンカーを出すタイミングも
周りにこちらの動きを事前に知らせる道具ですから早めになります

中嶋悟氏の言葉に
「信号は黄色が点いてから赤が点く、ウィンカーとブレーキも順番は同じ」
と有りました

運転に限らず何事も 想像力 と 配慮 ですね・・