読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

私たちは・・地球の歴史の体現者

面白い話を聞きました

それは・・

地球ができて、

生命が出現してから約40億年

最初の原始生命から・・

バクテリアや細菌類となり

多細胞生命となり

海から陸に上がり

進化した


あなたも、わたしも・・

この過程を経験して今があるのだと

 

母親の胎内で、ひとつの受精卵(百万分の1グラム)からはじまり

多細胞となり

およそ280日で約3kgまで成長する

なんと30億倍に!

受胎細胞は

脊椎動物の状態から

脊椎動物の状態に変わり

エラを持ち、尻尾を持ち

やがてエラも尻尾も消失し

最後に羊水と言う海水とほぼ同じ塩分濃度の水中生活から

出生による空気呼吸をする陸棲動物、つまり人間となる


胎内で40億年の進化の過程を経てきているのだと・・


ちなみに男性が1回に射精する精子の数は1~3億匹だそうです

いま存在するわたしたちは競争を勝ち抜いた

少なくとも1億匹の中で1番を取った精子

そして、その精子達が競争する距離は・・

精子1匹の大きさを人間の大きさにすると

地球から月の距離だそうで・・

 

このような話を聞いていると

有り難いという想いとともに

たとえいま悩んでいる事があったとしても

なんだかあまりのスケールの違いに

たいしたこと無いように思えてきます・・