読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

100点主義に幸せは来ない

心理学の「認知療法」というものは

“自分がとらわれている
  ネガティブな感情が生まれてくるまでの経緯は
    どんな考え方だったのか?”

ということを、自分自身で分析するということ


    自分自身が、なんで辛いのだろう?
    なんで悩んでいるのだろう?
    なんで悲しいのだろう?
    なんで不安なんだろう?
    なんでイラだっているのだろう?

といったようなことの原因や理由を書いてもらい、

“それに対して別の考え方、捉え方ができないのか”

ということを見つけ出してもらう

 

しかし、そのようなことを紙に書き出すところまではできても、
気持ちを切り換えて、別の考え方、捉え方を実行できるのかという面では、実は非常に難しい・・

 


そこで

「自分のできている所、いい所に視点を当てることが大事」

 

たとえば、70点という点数をみなさんはどう評価するのでしょう?


取れていない30点の方に焦点を当てていませんか?

この考え方は、100点満点からの減点主義ということになります。

しかし、心理学の世界では

  「100点主義(完全主義)に幸せはない」

という考え方がある・・


つまり、すべての項目、すべての面で100点を取り続けることは、とうてい不可能

ですから100点を基準に考えていると、たとえ70点を取っていたとしても足りない30点について思い悩んでしまうことになる・・


そこで発想を変えて、0点からの加点主義で考えいくと70点は十分に合格点だ、という捉え方ができる


できていない部分に焦点を当てるのではなく、
常に自分のできたところに焦点を当てていこう、
ということでネガティブシンキングをポジティブ・シンキングに変えていくことができる

もちろん、できていない部分を認識することも 時には 必要だけれども・・


あくまでも
できている所を見過ごさない・・


自分のいい所、できている所をちゃんと自分で認識するようにしたい