読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

礼儀と礼節の違い

礼儀や作法を知らないから動けない様なら、今は知らなくても構わない。
もし、知らずに失礼したならば頭を下げて学ばせて頂ければ良いだけ。

それを許す心もまた礼儀。

 礼儀を押し付け、許す心を持たない人は礼儀があっても礼節がない人。

言葉やカタチが出来ていても、心が備わってなければ、礼儀は時として人を傷つける武器になる。

礼節とは押し付けるものでも抑えつけるものでもない。

礼節とは愛を持って包み込むものである。

愛があってこそ子供の躾は促せる。

初代天皇である、神武天皇が即位した際に述べられた言葉の中に、その答えが隠されている。

【自分が正しい道を行って、その心を広めて国を守りたい】

人が正しいと思うことはそれぞれ

正しいことを押し付けるのではなく、自分が正しいと思うことをやりなさいと…

だから、自らが正しいと思う道を行って【その心を広める】とおっしゃられているのである。

つまり、私達の祖先が考えていた教育とは自らがその姿を見せること。

人を正すのではなく、自らが身を律し正しい行いを行う。

それを躾と呼んだのだ。

道が礼儀ならば、心が礼節である。


神道の心を伝える」より

 

人の数だけ個性があって

個性の数だけの「正しい」がある・・

他人に強制するのではなく

自らを律し、行うこと

昔の人は言いました

「お天道様が見てるよ」