読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

知っておくと得!シグナル理論

わたしたちの

こころとからだは・・

わたしたちが食べた たべもの から出来ています

60兆個の細胞ひとつひとつ、そして精神(こころ)

ぜんぶ元は たべもの なのです

これを証明してノーベル賞をとったのが「シグナル理論」

1999年度の医学生理学部門でノーベル賞を獲得したのが、
細胞・分子生物学者 ブローベル博士の研究です

この研究は

「どういう仕組みで栄養素が正確に仕事場にたどり着けるようになっているか」

について明らかにしたものです

 

「栄養素」は体の中に入れるだけでは何の効果もないです

体の中には、その栄養素を受け取る場所(細胞内)があります

ビタミンなどの栄養素を体にいくら摂取しても・・

必要な場所に届き、力を発揮できなければ意味がないでしょ?


栄養素を体の必要な部分に届けるためには

その場所を正確に教えてくれる存在が必要です

それが「シグナル」と呼ばれる「たんぱく質」や「アミノ酸」です

天然の栄養素には、「シグナル」がくっついているために、
正しい場所に運んでくれます

しかし、化学反応やバイオ技術によって作られた合成の栄養素や高度精製品は・・
「シグナル」がくっついていないので、正しい場所に行けません!


例えて言うと、天然の栄養素は郵便番号、住所がしっかり書いてある手紙です
なのでちゃんと届けられます。

合成の栄養素は郵便番号も、住所も何も書いてないので届きません


ただ合成のものもあってもたまたま、届くこともあるようです。

しかし、多くの部分は・・

「異物」と認識されて・・

排出のために肝臓や腎臓などに負担をかけることになってしまいます


また、排出できず残留するとやがて酸化し、悪さをするそうです・・


※栄養素も、そうですが食品などの添加物も同様です


こころと身体の健康のためには、合成より天然のものを摂取したいですね・・