読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

愛国心について

左翼思想一辺倒の戦後日本で
日本人が本来あるべき姿を説き続けた
福田恒存という評論家がいます。

ここでは、そんな福田恒存が説いた
日本人論の一部を紹介します。

「私達が自分の国に愛情を持つためには、
 自国が世界で最も美しく最も善い国であり、
 一度も間違ひを犯した事が
 無い国である必要が何処にあるか。

 自分の国だから愛する、
 それ以外に何の必要もありますまい。
 早い話が、子は親を、
 親は子を、夫は妻を、
 それが世界で最も立派であり、
 最も優秀であり、
 最も美しいから愛するのか。

 そんな事はありますまい」

致知出版社の「人間力メルマガ」より