読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

未病のうちに

西洋医学と東洋医学

対症療法と原因療法

聞いたことがあるかと思います

ここから連想するのは
どちらも病気を治すもの

ところが!

ある本を読んで目からうろこが落ちました!

~以下引用~

もともと漢方の医学は庶民相手のものではなく
皇帝など一部の人のために発達してきたものである

中国の皇帝たちは
広大な土地の奪い合いを続け
ずいぶんとストレスが多かった

のんきに病気などしていれば
その間に敵に攻められてしまう

だから医師の仕事は
皇帝の病気を治すことではなく

皇帝を病気にさせないことにあった

病気の手当てをする医師でなくて
病気になる前に発見して治してしまう医師でなければ
役に立たなかったのである

~引用ここまで~

じつは・・

私たちは一人ひとり専属の医師を持っています

みなさんの身体の中に! (自然治癒力といいます)

いま生きていることに感謝し
身体からの声に素直に耳を傾け
自分を労わっていきましょう・・