読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

不良長寿のすすめ

順天堂大学医学部教授、奥村康氏の心に響く言葉より…


誰もが、「健康で長生き」を願っています。

自分の老後には自分で責任を持って、寝こまずボケず、いきいき長生きしたいと。


では、いきいき長く生きる秘訣とは?

生まれつき私たちの身体に備わっている、免疫力をきたえることです。

どんなに強力なウィルスや病原菌に感染しても、免疫系さえしっかりしていれば発病しません。


生命力とは免疫力だと、私は思っています。

中でもガン細胞やウィルスをいち早く見つけて殺してくれる、NK(ナチュラルキラー)細胞は重要です。


では、どうしたらそのNK細胞を元気に保てるのでしょうか?

まじめをやめ、明るくマイペースな、少々不良になることです。

「不良長寿」です。


まじめすぎて融通がきかなかったり、いつも眉間にシワを寄せていたり、ストレスをためこんだり、クヨクヨ思い悩んだり。

これらはすべて、NK活性を弱める原因になります。


かつてフィンランドで行われた15年にわたる追跡調査では、

「医者の健康管理と栄養指導に従ったまじめグループよりも、健康診断さえ受けない不良グループの方が病気にかかりにくく、長生きし、自殺も少なかった」

という結果が出ています。


私が提唱する「不良」は、やりたいことをやって「今」を楽しみ、よく笑う、陽気な人。

「まじめ」人間は、自分の楽しみより「~ねばならないこと」が多くて、ストレスを溜め込みやすい人。

心配性な人。

 

 

なにごとも「いいかげん

 

良い加減

 

で、いきたいですね(^_-)-☆