読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

潜在意識とは・・

【潜在意識?】

ベテラン・カウンセラー 医学博士 到津悠 の言葉より


潜在意識とは、人間が生まれた時から備えている先天的なもので、

呼吸や体温、心臓の鼓動などや、食べる、寝るなどの人間が生きていくために必要な本能的な部分をコントロールしていて、
ふだんその人が認識していない意識のこと

また、顕在意識の方は、3歳くらいで80%程度、12~13歳くらいでほぼ100%身についてしまう、
人の意志や判断力、批判力、価値観などといった、その人の日常的な感情や行動の元になっている後天的な意識のこと

つまり、人間は誰でも潜在意識と顕在意識を持っていて、
その人の感情や行動はすべてこのどちらかが関わっているということ

さて、潜在意識と顕在意識の大きさというか、
本来持っている力の強さの比率はどれくらいでしょうか・・

実はこれが潜在意識が9に対して顕在意識が1というくらに大きな差があるのです!

しかし、それだけ潜在意識の力が強いとしたら、まともに戦ったら潜在意識の方が簡単に勝ってしまうことになります

どうしてそうならないのかといえば、潜在意識は力が強い分だけ、簡単にはその強い力を発揮しない・・


では、どうすれば?

 


【潜在意識の動かし方】

ベテラン・カウンセラー 医学博士 到津悠 の言葉より


潜在意識は顕在意識と違って、

”自分の意志ではコントロールできないもの

ある方法によってその潜在意識の蓋をこじ開けて、
自分の潜在意識に自己暗示をかけていこうというやり方

それは・・


「言霊(ことだま)」

つまり言葉で念じることによって、その言葉が潜在意識の中にしみ込んでいく

そして、その暗示によって、顕在意識だけではとても考えられない大きな成果を生むことが可能になってくる!

 

たとえば、英語がすごく苦手でコンプレックスを持っている人がいたとします。

その人は「どーせ今から英語を習っても身につかないし、外国人と話ができるようになるまでにはすごく時間がかかるに決まってる」と、
顕在意識が自己判断をしてしまっている・・

そこで、自律訓練法を使ってその人の潜在意識の中に「英語の勉強は楽しい」、「外国人と楽しく話ができている」といった自己暗示を入れてしまうと、
その人は「ちょっと本気で英語の勉強をしてみようかな」と、心の底から思えるようになる


また、病気の人に対しては「日に日に(病気が)良くなっていく」という有名な暗示文があります。
フランスのエミール・クエという薬学博士は、なんとこの「日に日に良くなっていく」という暗示文だけで、薬を使わずに患者を直してしまったという有名な事実があります


自己暗示・・
人にバカにされるくらいの大きな夢を潜在意識に入れたい・・