読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

私たちは・・なんて・・恵まれているんだ!

こんな思いをされた方々がいらっしゃいます


読谷村史 > 「戦時記録」上巻 > 第二章 読谷山村民の戦争体験 > 第三節 それぞれの体験 より=

十代で亡くなっていった女生徒達が

「ああ、私達平和な時代に生まれてきたかった」

と空の彼方から叫んでいるようです・・


私達は何の疑いもなく、勝利を信じ
暗い壕の中で弾雨の中で
恐怖におののき、泥にまみれ働きつづけました

「太陽の下で 大手を振って歩きたい」
「水が飲みたい 水 水」
「お母さん お母さん」

学友の声が聞こえます

----------------------

生きていて何かと悩み、不平不満も出てきます

しかし・・

彼女たちの味わった苦しみに比べれば・・

いまの平和に感謝し、何世代も先の方々も安心して暮らせるようにしたい
そのために自分に出来ることは何か
考えながら生きてゆきたい・・