読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのたね

あなたの心が、明るく、軽く、なればいいな。そんな思いで綴っています

特攻の父と呼ばれた大西中将の言葉

特攻は、統率の外道である
もう戦争は続けるべきではない

万一敵を本土に迎えるようなことになった場合、アメリカは敵に回して恐ろしい国である
歴史に見るインディアン、ハワイ民族のように、日本民族の再興の機会は永久に失われてしまうだろう

しかし、特攻により敵を追い落とすことができれば、七分三分の講和ができる
七、三とは敵に七分味方に三分である

その為に………
特攻を行ってでもフィリピンを最後の戦場にしなければならない

しかしこれは、九分九厘成功の見込みなどない

では何故見込みのないのにこのような強行、愚行をするのか

ここに信じてよいことがある

 

いかなる形の講和になろうとも
日本民族がまさに亡びんとする時に当たって
身をもって防いだ若者達がいたという歴史の残る限り

500年後、1000年後の世に必ずや日本民族は再興するであろう

 

 

いまの私たちは彼らの想いに応えられているだろうか・・